五輪に伴う建設費高騰の余波 公共的施設計画の白紙や延期相次ぐ | 毎日新聞

秦野市民の1年の出産件数は約850件(20年度)に上る。赤十字病院が分娩を休止する前は6割が市内の病院で出産していたものの、現在は7割を周辺自治体の病院に頼る状態が ...

記事の続きを読む

最新情報をチェックしよう!