「子宮頸がんワクチン」妨げたメデイアの“罪” 「危険性」を訴える根拠薄弱な主張 – ZAKZAK

しかし、同年6月に勧奨が差し控えられたことで、約80%あった接種率は1%以下に激減。子宮頸がんの罹患(りかん)と死亡は20代から40代の妊娠出産年齢の ...

記事の続きを読む

最新情報をチェックしよう!